漫画家の作風=男性キャラ像

漫画が好きです(再)

以前も書きましたが、わたしは漫画が結構好きです。
社会人1年目〜4年目くらいまでは漫画趣味を封印していたのですが、この1年位で解禁していろいろ読んで楽しんでいます。

場所をとるので紙の本ではあまり買わずに、レンタルやKindle、アプリでガンガン読んでます。

今回はわたしの漫画の好みの土台にある、好きな漫画家さんの作風についてです。

作風と言っても男性キャラ像のことなんですが、話すと長くなるのでさっくりとまとめました。

どうやって漫画を選んでいるか

漫画が好きだと言うと、たまにおすすめの漫画ないの〜?と聴かれますが、自分の場合はほとんど直感で新しい作品に手を出してます。

ジャケ買い、おすすめコーナー、SNS、タイトル、作者縛りなど手に取るきっかけはさまざま。

けれどどんなにつまらくても読み始めると没頭しちゃうので、仕事との両立を考えて一度にそんな大量には読みませんが、面白そうなものは男女問わず手当たり次第読みます。

コミック誌のテイストで探すのも事足りる

地道な探し方ですが、コミック誌単位でテイストってけっこう異なるのでそれ基準でもわりと事足ります。

たとえばコミック誌ごとに王道ラブとかバトルものとか、ざっくりとした区分があるのでそれ基準で探す感じですね。

わたしのおすすめの探し方はそれよりは細かいというか、ちょっとフェチが反映されてます。

続きを読む >>

TSUTAYAで借りてきたマンガ10冊

多読・速読派なひとにはコミックレンタルがおすすめ

このブログをお読みの方がご存知かはわかりませんが、わたしは漫画が好きです。

小さい頃からありとあらゆるコミック誌を読み漁って(一応自分の年齢+αくらいの雑誌に絞って)いたのですが、今はおとなしく単行本で楽しんでいます。

TSUTAYAのコミックレンタルがアツい

とはいえ、漫画を無限に買うような家計的な余裕はないので、最近はレンタルをよく利用しています。

最近はTSUTAYAのコミックレンタルを利用してるのですが、料金システムが速読・多読派の自分にぴったりなので、お財布的にとても助かってます。

 ▼近所のTSUTAYAの料金
・10冊/1週間 700円!
・20冊/1週間 1000円!
※税抜き価格

最近は忙しくてコミックレンタルは我慢してたのですが、それが逆によくなかったらしく、Kindleの購入金額がいつもの倍の4000円くらいになってました…oh

とまぁ、レンタルを封印したら読む漫画の冊数は少ないのに、出費は同じという悲しみに包まれたので、今日は思い切って10冊借りてきました。土日挟んで1週間なら余裕だし!

というわけで何を借りたか、晒しときますね。

続きを読む >>

「A子さんの恋人」は普通の恋愛漫画だった(いい意味で)

最近周囲で話題になっていたので

Twitterで同時期に何人もが勧めていたので、気になって読んでみました。

「A子さんの恋人」

登場人物がみんなダメ人間というキャラ設定が濃すぎて、最初はやや胃もたれしてしまいました。でも、彼らの恋模様をたどっていくうちに、「あーそうそう、恋ってこんなんだったな」と恋愛漫画として共感する所が多かったです。

なので当初は「東京男とアメリカ男の間を右往左往する、二股アラサー女の話だなんて、どんだけぶっとんだ話なのだろう...」とおっかなびっくり読んでいたのですが、自分でも共感できるところの多い、いい意味で普通の漫画でした。

そして斬新な内容を裏切らない、漫画としても新鮮な表現が多いのがまた憎い。人間に例えると、ダメ人間のくせにオシャレだし恋愛上手な人という印象の作品でした。なんかずるい。

続きを読む >>
1